矢部町住宅研究ラボ ~プロジェクト開始から完成まで~

2019/4活動開始

社長がチーム分けをして、リーダーを選出し、1チームは5名~6名のメンバーで構成されました。

同じ部署の人も居れば、違う部署の人も居て。同じ社内にいてもあまり会話をする機会も無かったり。

『交流』これがこのプロジェクトの目的でもありました。

⇑チームリーダーの初仕事!『区画決めのくじ引き』

4月から活動を始めて、どんな間取りにしようかと考え抜きました!

どのチームも通常業務の合間に集まり、間取り、ペルソナ、コンセプト等を決めて行きました。

デザイン分科会での発表風景

毎月課題が出ていた頃、月に一度のペースで報告会が行われていました。

懇親会も開催されるようになり、交流を深めていきました。

2月にはチームリーフレット用に撮影会をしたりして、この活動が無ければ体験することもなかった事でした。

コロナの影響などもあり、プロジェクトは一時お休みになり5月の連休明けから上棟に向けて準備を開始し、№1から順に上棟することができました。

上棟すると、こんなに大きいのか!!と驚きました。図面で見ている時とは全然違って、なんかワクワクもするけど

これから大丈夫なんだろうかとドキドキもしたりして、失敗は出来ないと皆が感じていたと思います。

夏休み前後にはクロス決めなどが始まりチームの活動も忙しくなっていきました。

リビングには家具を入れて装飾も行うというのが今回の決まり事でした。

予算の関係もあり、残金とにらめっこしながらの装飾をしました。

それと、チームリーフレット完成期限もあり、それに間に合うように撮影をしたりと、

みんなバタバタと作業をこなしました。

チーム、それぞれのカラーが出ていると思います。

それぞれのチームの思いなども、販売会ではお話できるようにメンバーもお待ちしています。

ぜひ、遊びにいらして下さい。