住まい手を主役にする「舞台性」ある住まい。個性的で上級な家づくり

 

K様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)
 

今回、完成してまだ2ヶ月ほどの新居を拝見させていただいたのは、2022年7月に家を建築されたK様ご夫婦。

1階は贅沢なガレージスペースをメインに。

また2階は広々としたLDKスペース中心に各所を絶妙なバランスで繋げ・・・ただ“お洒落”と表現するのはあまりに勿体ない。

まさに“眼福”に値する、美しいマイホームをたっぷり拝見してきました!

 

 

こだわりが詰まった贅沢な住居を

無駄なものを削ぎ落としたシックな建物。

明らかに幅の広いガレージは「一体どんな車がここに!?」と、見る人をそんな風にワクワクさせる吸引力がありました。

中に入っても、外観同様に各所がきちんと整頓され、意味を持ってそこにある。そんな端正なK様のマイホームは、まさに住まい手を主役にする「舞台性」ある空間と言えます。

打ち合わせに1年を要した、じっくりと向き合い続けたK様の家づくり、ぜひ最後までお楽しみください。


・お施主様:K様
・家族構成:ご夫婦(2人家族)

 

 


3年越しの家購入

山京インタビューアイコン

こちらに引っ越される前はどんなお住いでしたか?生活する中で不便だったことなどなかったでしょうか?

お施主様

以前は賃貸マンションに住んでいました。

新築で入居しましたし、広さも十分だったので不便なことはほとんどなかったのですが・・・強いて言えば音が心配で遅い時間帯に掃除機をかけるのが躊躇われるのと、ペット不可の物件だったという点ですかね。

夫婦共に一戸建てに対する漠然とした憧れがあったのと、このまま家賃を払っていくなら家を買ったほうがいいんじゃないか?という想いもありました。

実は私たちの場合、3年越しの家の購入だったんですよ。

欲しい家をカタチにしようと思うと、ローンが通らなかったり、思うような土地が見つからなったり。でも今考えれば、そういったことも運命というか・・・そのときはまだ家を建てるタイミングじゃなかったのかなと思ったりもします。

山京インタビューアイコン

最初から注文住宅をご希望されていたんですか?

お施主様

そういうわけでもなくて、建売住宅も見に行きましたよ。

見学した中で、思い描いていた家のイメージに近い家があったんです。ガレージ付きで、2階リビングで、ロフトがあって・・・こんな感じの家がいいなぁと思ったんです。

ですがそのときはローンで引っかかってしまって。

その後、建売住宅をいくつか見て回る中で、山京建設の住宅内見会で見たガレージハウスがすごく良かった。

「もう、この家がいい!」って(笑)。それくらい理想に近かったんですよね。

 

 

山京インタビューアイコン

「矢部町住宅研究ラボ(プロジェクト名)」のガレージハウスですね。確かにそう言われると、ガレージの存在感が大きくて、シックな雰囲気なんかも近いものがありますね。山京建設の他に、いくつか施工会社に相談されましたか?

お施主様

全く!山京建設一択です!

ガレージハウスの印象が良過ぎたこともあって、他の会社と比較するなんて考えもしなかったですね。

施工会社を山京建設に決めたのは早かったんですが、打ち合わせは約1年と長かったんですよ(笑)。

「どうせなら・・・」と思ってどんどんリビングを広くしていって、それで見積り金額を見てちょっと小さく修正したり。でもまた「バルコニーも広くしたいよね!」って広くしたり。

とにかく図面と見積り額とを見比べながら、試行錯誤の連続でした。山京建設のスタッフの方々もよく付き合ってくださったと思います。

 

 

山京インタビューアイコン

確かに広いですよね!素直に羨ましいです!新居を造るにあたってどんなリクエストがありましたか?ご夫婦それぞれのこだわりは?

ご夫婦のこだわりをめいっぱい

お施主様

車が2台入るガレージと、リビングの梁見せ勾配天井。それとロフトと、一段下がったキッチンはやりたいなと思っていました。

ただ、篠原(山京建設 営業担当)さんや池田(山京建設 設計士)さん泣かせだったかもしれませんね。

本当にあれこれわがまま言わせてもらいましたし、ちょうどウッドショックとも重なって池田さんが調整にかなり苦戦されていました。

 

 

ガレージに大きなシンクを入れてもらったり、サンドバッグを吊るせる所を設けてもらったり。

途中でトイレの位置を大幅入れ替えしたり・・・でも山京建設は皆さんすごく親身に対応してくださって助かりました。

 

 

 

 

ガレージのシンクは、魚を捌くとき便利かな・・・と思ったのですが、まだ魚は捌いてません(笑)。

ただシンクがあると洗車するときすごく便利ですね。

仕切らずに柔らかに繋ぐ空間

山京インタビューアイコン

確かにあの業務用の大型シンクは利便性が高いと思います!新居を建てるにあたって決めることは本当にたくさんありますが、どのようにして悩み、決めていかれましたか?

お施主様(ご主人)

私がこだわったのはガレージと1階のトイレですね。

あとは、ほとんど妻が決めてくれました。

 

 

お施主様(奥様)

夫がこだわった1階のトイレは、ダンディというか・・・アダルトな雰囲気なんですよ(笑)。

2階のトイレは私が選んだのですが、雰囲気がかなり違うと思います。同じシリーズの色違いのトイレ(便器)でも、選ぶクロスなどで全く別の雰囲気を作ることができるのも注文住宅の面白さですね。

LDKも大きく「こんな雰囲気」というイメージがあったので、あとは池田(設計士)さんや伊藤(山京建設 現場監督)さんの意見を聞きながら決めていきました。

リビングの床はグレー系が良いと思っていたので、壁はこういう風にしたら良いよ、というアドバイスをそのまま採用して。やっぱりプロですから、任せられるところは任せたほうがうまく行くと思っています。

 

 

 

山京インタビューアイコン

この1段下がったキッチンスペースも奥様が決められたということですよね?このレンガ調のクロスも、しっかりアクセントになっているのに空間によく馴染んでいて勉強になります!

お施主様(奥様)

キッチンもほぼ私が決めました。

この黒いワークトップのキッチンは結構悩みました。別のメーカーのものと悩んだのですが、結果的にキッチンが引き締まるのでこれにして良かったです!

広々としたLDK空間にしたかったので、キッチンスペースをきちっと区切ることはしたくなかったのですが、程よく区切れたらいいなと思い、床を1段下げています。

天井もキッチンスペースだけ高さを変えてもらっているのですが、解放感を残したままキッチンを柔らかく区切れるのでこれは正解でしたね。

このブロックのアクセントクロスは私が一目惚れして、思い切って大きく使ってもらったのですが、実際に見たら想像以上に良かったです。

 

 

クロスと言えば、1階スペースには1面だけアクセントクロスを入れていて、同じクロスを玄関入ってすぐのニッチスペースにも使っているんです。

伊藤(現場監督)さんが、このクロスが良いよって、一押しで(笑)。

かなりインパクトのあるクロスだったのですが、壁の一部+ニッチスペース内だけに張ることで丁度良いバランスになったかなと思っています。

こういった遊び心ある提案をしてくださるところも、山京建設の面白さですよね。
 

 

 

山京インタビューアイコン

大胆使いですが、バランス感覚が良いですよね。ちなみに家全体の収納スペースに関してご要望は出されましたか?

デザイン性だけでなく快適性も

お施主様

私たちはあまり物を多く持たないので、例えばお皿もキッチンの引き出しに入らなければ処分してもいいや、くらいに考えていました。

だから余計な収納スペースは設けていないんです。キッチン後ろの造作棚も、収納するものを踏まえて最適な大きさにしてもらっています。

スッキリと暮らしていきたいので、収納の数も大きさも十分ですね。

 

 

 

 

収納スペースといえば、ウォークインクローゼットの位置はすごく便利で気に入っています。

バスルーム、脱衣洗面所からそのまま繋げてウォークインクローゼットがあるのですが、入浴時にそのまま衣類を出せます。

脱衣スペースにアイアンの室内物干しを設置してもらっていて、洋服を脱ぐ、洗濯をして干す、クローゼットにしまう、という動作がスムーズなんです。

日常的な洗濯物は外干しせず室内干ししたかったので、室内物干しもあえて可動式(昇降式)にせず、アイアンバーにいつでも干せるようにしています。この動線は本当におすすめしたいですね。

動線も良好ですし、来客にあまり見せたくない部分をひとまとめにすることでLDK部分を広く取れたのも良かったです。

 

 

山京インタビューアイコン

確かに日々使いする室内物干しなら、昇降式でなくて常に干せるタイプを選んだほうが手間もないですし、アイアンバーなら見た目もお洒落ですね。ちなみにまだ新居で生活されて2ヶ月ということですが、7月、8月の暑い時期を過ごしてみていかがでしたか?暑過ぎたりしませんでしたか?

お施主様

我が家はロフト部分を寝室として使用していているのですが、最初はロフトスペースの温度が心配でした。

熱がこもって暑くなり過ぎてしまうかな?と思ったのですが、意外にも涼しかったです。

LDKのエアコンとシーリングファンを稼働させておけば、涼しく快適に過ごせるので、家の機能性の高さを実感しています。

 

 

 

 

山京インタビューアイコン

もう少しこうしたかった、という点などはあるでしょうか?またもう一度、注文住宅を建てるとしたらどんな家にしたいですか?

お施主様

強いて言えば、もう少しリビングを広くしたかったということですかね(笑)。

人生でこんな大きな買い物をする機会なんてないですから、行くところまで行こう!と、池田(設計士)さんにも頑張って広くしてもらったんですが、可能ならもっと広くしたかったです。

もし家をもう一度建てるなら・・・今度は1階リビングにして、2階のベランダを広く行ける所まで伸ばして空中庭園みたいにしたいです。ベランダにプールを造ってもいいかも。

この家も気に入っていますが、人生のうちもう一度家づくりをしてみたいという気持ちはあります。

 

 

山京インタビューアイコン

空中庭園、いいですね!次の家づくりもぜひ山京建設にご相談ください(笑)。そしてまたインタビューにお邪魔させてください!ところで、山京建設の提案力は、いかがだったでしょうか。

家づくりは100点満点!

お施主様

打ち合わせに何度も何度もお付き合いいただき、プロの視点でたくさんのアドバイスをしてもらいました。

先ほどもお話しましたが、プロにお任せするところはお任せしよう、というスタンスだったので、かなりご意見はいただきましたね。

経験豊富な方にお任せしたほうが、きっとカッコ良くなるはずなので(笑)。

 

 

施工会社の中には打ち合わせの回数が制限されていることもあるようですが、山京建設は納得できるまでとことん打ち合わせをしてくださったので、その点もすごく良かったですね。

家づくりは100点満点です。

細かいところを言えばいくつか気になる所はありますが、とにかく良くしてもらったし、細かくアドバイスいただけて満足しています。

ただ、VRで立体的な間取りを見せていただいたときは、狭く感じてしまって「あれ?」って(笑)。心配したのですが完成した家はほとんどイメージ通りでした。

大工さんが工事しているところにも何度か足を運び、建設途中の建物に上がらせてもらったり・・・そういったことも楽しかったですね。

コロナ禍ということでまだ知人を招いてはいないのですが、写真を見せると「芸能人の家みたい!」なんて(笑)。そんな風に言ってもらえることも嬉しく思います。

 

 

山京インタビューアイコン

そう言っていただけて嬉しいです。私たちもK様の家づくりは終始楽しかったです。時間はかかりましたが、楽しかった記憶しかありません!また住まいのことならいつでもご相談くださいね。今回は貴重なお時間をいただきましてありがとうございました!

インタビューを終えて

たくさんのこだわりを詰め込んだK様邸。

ガレージとたっぷりとしたLDK空間をベストポジションに配置し、そこから住まいを心地良くつなぎ、唯一無二の“生活のステージ”を確立されました。

 

 

 

注文住宅の利点を存分に活かし、かなりパンチの効いた難易度が高いアイテムを各所に取り入れつつ、調和が取れた上級者の住まいのカタチ。

それぞれのスペースを程よく分節しながらも繋がりをもたせる・・・美しい視界もK様邸の魅力だと感じました。

ひとつひとつ、こだわって決めていける注文住宅。ぜひK様ご夫婦のように“らしさ”溢れる住まいを構想いただきたいと思います。

この度は数多くの工務店の中から私たち山京建設をお選びいただきまして誠にありがとうございました。このご縁を大切に、末永くお付き合いさせていただければと思っております。

 

 

 

K様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)