#01


建築のことも営業職のことも全くわからない状態で飛び込んだ山京建設

以前はスポーツインストラクターという、全く別の業界で働いていました。仕事は楽しかったのですが、通勤に片道2時間ほどかかっていたこともあって転職を考えるようになり・・・長く働ける仕事に就きたいという想いから、山京建設に2017年に入社しました。

建築のことも営業職のことも全くわからない状態で飛び込んで、とにかく毎日がむしゃらに仕事をしていましたね。

もう「若手」と言われる時期はとっくに過ぎていますが、まだまだ半人前という気持ちです。どんどん進化した高性能建材が登場しますし、住宅に関する法律が改正されることもあり、新しく覚えることが絶えませんから、とにかく日々勉強ですね。

#02


お客様とは腹を割って話せる関係でいたいと思います

お客様とは、常に腹を割って話せる関係でいたいと思っています。やりたいと思っていることはすべて教えていただきたいですし、たとえご希望されている仕様でも、他に最善と思われるご提案があれば素直にお話しますね。

実際にそこで長く住まわれることを考え、コスト面も含めてメリットとデメリットをご案内するのが任務だと思っているんです。こちらの提案を受け入れていただけるかはわかりませんが、お客様と同じように私自身も後悔しないようにしたいという想いで仕事をしています。

#03


単純ですが、お客様に喜んでいただけることが一番嬉しいです

最近一番嬉しかったことは、お引き渡しのときのアンケートで「安藤さんに頼んで良かった」「安藤さんの笑顔にやられました」とご記入いただいたことです。めちゃめちゃ単純なんですけど、次もまたそんなふうに言っていただきたいという思いから、また頑張れるんです。

お客様の笑顔や一言一言の積み重ねがパワーになっている感じ。家づくりは半年という長い時間がかかりますし、その“入口”と“出口”となるのが営業の仕事だと思っているので、私で良かったと言ってもらえるのはものすごく光栄なことです。

#04


後悔したくないから、今できることを全力で実行するのみ

プロレス観戦が長年の趣味なので、プロレス好きのお客様がいらっしゃったら、家づくりの話に加えてプロレスの話でも盛り上がりたいですね。

座右の銘は「今は今しかない」。これはプロレスラーの三沢光春の言葉で、今は今しかない、次に同じような状況になってもそれは今じゃないんだ・・・とつづくのですが、仮に過去に似たようなことがあっても、運や環境などさまざまな要素が絡むことで、全く同じシチュエーションにはならないということですよね。

お客様は日々たくさんいらっしゃいますが、とにかく今は今だけ。今できることを全力で実行しなければきっと後悔しますし、なによりお客様にご迷惑をかけることになりますから、最大出力でやり切るのみです!

【担当物件のお施主様インタビューはこちら】