注文住宅のキッチンは?システムキッチンの種類やメリット&デメリットを知ろう!

レトロなキッチン

家を建てるとき、いろいろと迷うと思いますが、キッチンは特に悩む場所のひとつではないでしょうか。

広いキッチンが良いけど動線が長くなってしまうのは避けたい…かといって収納スペースが少なくなるのもイヤ…機能性を重視したいけどデザインだってしっかりこだわりたい…

いろいろな考えが頭をめぐると思います。

そこで今回は注文住宅におけるキッチンの間取りや種類、それぞれのメリットとデメリットをご紹介。ぜひ最後までご覧ください。

注文住宅のシステムキッチン!3つの設置タイプ

システムキッチンの設置タイプ(間取り)は、大きく分けて「オープンキッチン」「クローズドキッチン」「セミオープンキッチン」の3種類があります。

オープンキッチン

オープンキッチンのイメージ

オープンキッチンとは、キッチンルームとリビング・ダイニングが分かれていないレイアウトのシステムキッチンのことを指し、本ページ後半でご紹介しているアイランドキッチンなどがこれにあたります。

キッチンが露出しているため、料理をしながらでも家族とコミュニケーションがとれ、小さいお子様の様子もキッチンに居ながら見ていられるのが特徴。

キッチンに開放感を求める方なら、オープンキッチンの間取りはかなりおすすめです。

また、デザイン性の高いキッチンにすることで、リビング・ダイニングのインテリアのひとつとして、空間デザインすることも可能。

オープンキッチンにして、キッチンとダイニングテーブルを近づけることで配膳や片付けがかなり楽になるというメリットもあるんです。

クローズドキッチン

クローズドキッチン

クローズドキッチンは、名前の通り独立したキッチンルームを指します。

来客にキッチンを見せたくない方、料理に集中したい方におすすめ。

また、リビング・ダイニングに調理中のニオイや油、煙などが広がりにくいため、ソファーやラグに臭いがついたり、電化製品やインテリアがベタついたりしないのもメリットです。

加えて、キッチン専用の収納スペースをしっかり設けることができるため、食品や日用品を多めにストックしたい方などにもおすすめのスタイルと言えるでしょう。

セミオープン(セミクローズド)キッチン

セミクローズドキッチン

セミオープン(セミクローズド)キッチンというのは、オープンキッチンとクローズドキッチンのいいとこ取りをした間取りのことです。

キッチンが完全に露出しているわけではないものの、キッチンの一部は見えているという感じですね。

キッチンスペースが壁で仕切られていながらも、調理中にリビング・ダイニングの様子をうかがえるこのスタイルは、キッチンにいながらリビングダイニングの様子は感じていたいけれど、来客時にキッチンが丸見えになったり料理のニオイや油が部屋に流れてしまったりするのを予防することができます。

注文住宅のシステムキッチン!種類とメリット&デメリット

注文住宅で導入可能なシステムキッチンの種類は以下の6つです。

【システムキッチンの種類】

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • I型キッチン
  • II型キッチン
  • L型キッチン
  • U型キッチン

 

それぞれどんな特徴があるのか、メリット・デメリットと併せてご紹介していきます。

アイランドキッチン

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、その名の通りアイランド(Island/島)のようにシンクやコンロ、作業スペースが壁から離れた場所に独立しているキッチンのことです。

対面型のキッチンのひとつで、開放感がありコミュニケーションも取りやすい人気のキッチンタイプとなります。

部屋自体が広ければ広いほど自由にデザインできるため、キッチンにこだわりたい方におすすめ。

またキッチン自体も広いため、夫婦で調理をしたり、友人達を呼んでみんなで調理したりすることも可能です。

ただ、アイランドキッチンはキッチン両サイドに通路を確保する必要があるためとても場所を取るので、ある程度の広さがないと設置することができません。

また設置してみたら思いのほかLDKが狭くなってしまった…というケースもあるので、設置後の動線を考えて設計してもらうことや、狭いキッチンに無理に設置しないようにすることが大切。

他にもアイランドキッチンは、来客者から丸見えになる、収納スペースに限りがある、油はねや水はねが気になる、予算が高くなる、といったデメリットが出てきます。

アイランドキッチンにするからには、来客者に見られても良いように整理整頓する、収納スペースを他に確保する、などの工夫が必要です。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラ(peninsula)とは、英語で半島という意味で、ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンの片側を壁にくっつけたような形のキッチンを指します。

キッチンの片側だけに通路を確保しておけば良いので、LDKがそれほど広くなくても設置可能という特長が。

ただアイランドキッチン同様、リビング・ダイニングから丸見えになってしまったり、料理中のニオイや油が流れてしまったりするので、吸い込みが強い換気扇を設置したりオイルガードを付けたりと、工夫される方もいらっしゃいます。

キッチンの外側を収納スーペースにして収納力をアップすることもできますし、カウンターをつければお洒落なカフェのようなキッチンに。カウンターで勉強する子どもを見ながら料理することもできるため、お子さんがいる家庭にも人気です。

ペニンシュラキッチンもアイランドキッチンと同様、家族や来客者とコミュニケーションがとれる対面キッチンで、デザインも非常に豊富です。

I型キッチン

Ⅰ型キッチン

I型キッチンとはシンク、コンロ、作業台が一列に並んだキッチンを指します。

形が複雑ではないため、リーズナブルなものが多いのがメリット。

コンパクトにまとめることができるためスペースを有効活用できますし、キッチンスペースが限られているという場合にも向いています。

しかしながら、調理中は基本的に壁側を向くことになるのでコミュニケーションがとりにくい点や、来客からキッチンが丸見えになってしまう点、ベビーゲートやペットフェンスを設置できないといったデメリットも。

また、キッチンの横幅が長ければ長いほど、調理の際の動線も長くなってしまいますし、食器棚や冷蔵庫をキッチンと並べて設置すると動線もそのぶんまた長くなってしまいます。

Ⅱ型キッチン

Ⅱ型キッチンは短い動線と収納力の高さで人気のキッチンです。

2列並んだキッチンの片側にコンロ、そして振り向いたもう片側にシンク、といったレイアウトになります。

シンクからキッチンへの動線が短く、キッチン下の収納スペースもしっかり確保できるのがメリット。

また作業スペースが広く取れるので、複数人で作業することも可能です。

ただ2列のキッチンを置くスペースが必要なので、狭い住宅には不向き。また、振り向く動作が多くなってしまうのもデメリットのひとつです。

もうひとつ難点なのが、シンクからコンロへ濡れた食材や食器を運ぶと、床が濡れてしまう点。Ⅱ型キッチンを設置したら、洗った野菜などはボウルやバットに入れてコンロ側に運んだり、水に強いキッチンマットを選ぶと良いでしょう。

L型キッチン

L型キッチン

L型キッチンは、上から見てL字になっているキッチンのこと。壁付けスタイルにも対面スタイルにもできるのが特長です。

L字型は作業スペースが広くなるうえ作業動線も短めで、収納スペースも多く確保できる優秀なキッチン。

壁付けにすれば空間を有効活用できますし、対面式にすればペニンシュラキッチンのように、調理中に家族とコミュニケーションが取れ、また配膳もらく楽にできるメリットがあります。

ただL字型は冷蔵庫の配置が少々難しく、冷蔵庫の配置を間違えると無駄な動線ができてしまうので注意しましょう。

またコーナー部分(角)の収納がデッドスペースになってしまうのもデメリットです。

U型キッチン

U型キッチン

U型キッチンは、上から見てコの字型になっているキッチンを指します。

作業スペースが非常に広いうえ、身体の方向を変えるだけで作業ができるので動線が短くなるのが利点。

オーブンレンジや食洗器などの設置スペースも確保できるため、限られた空間で機能性を高めることができるんです。また3方向がまとまったデザインになるので、キッチンの見た目も向上します。

ただL字型キッチン同様、2箇所あるコーナー部分がデッドスペースになりがちで、さらにキャビネット(棚)が3つ必要になるため価格が高めというデメリットがあるのは理解しておきましょう。

注文住宅キッチン・システムキッチンの種類まとめ

キッチン

今回は注文住宅のシステムキッチンのスタイル・種類をご紹介しました。

お子さまがいたり、来客が多かったり、また複数人でキッチンに立つことが多かったり、ライフスタイルは人それぞれですから、どのスタイルが良いと一概に言い切ることはできません。

また間取りによって選べるキッチンの種類も変わります。

どんなキッチンにも、メリットとデメリットがありますから、それをよく理解したうえで納得できるキッチンを選びましょう。

山京スタッフアイコン

どの種類のキッチンもメリット&デメリットがあるけれど、大事なことは間取りを最大限に活かし見た目と使い勝手を両立したキッチンにすること。山京建設ではお客様のご要望をもとに、より良いキッチンのカタチをご提案しています!リフォームも受け付けていますのでキッチンのお悩みがあればぜひご相談くださいね!