手書きイラストTシャツ
手書き文字「フロー」

1.モデルハウスのご案内です


まずは当社のモデルハウスをご覧頂き、当社の設備・仕様をご覧頂きます。 現実的な大きさのモデルハウスを、ぜひお客様の家づくりのご参考にしてください。

2.設計士との打ち合わせ


ご家族の皆様のご要望をすべてお聞かせください。その場でご希望に近いプランを作成します。 その後お打合せを重ね、お客様が納得できるプランを一緒に作り上げていきます。

3.建築確認申請


出来上がったプランをもとに、行政(第三者機関)に新築計画のお知らせ、確認を致します。

4.地鎮祭


土地の神様(氏神様)を祝い鎮め、建築工事の安全と一家の繁栄を祈願します。

5.着工


基礎配筋工事完了時に設計施工基準に基づいて施工されているか、 日本住宅保証検査機構の第三者検査員が基礎配筋に関する検査を行います。検査完了後にコンクリートの打設をします。

6.上棟


建物の躯体(基礎となる骨組み)が組みあがり、いよいよ全体像が見えてきます。 屋根工事の完了時に、「日本住宅保証検査機構」の第三者検査員が設計施工基準に基づいた主要構造部の検査を行い 躯体の安全性を確認。この時コンセントの位置や棚・カウンターの高さ、クロスなどの最終確認も行います。(▶詳しく見る

7.建物完成


ついに待ちに待ったマイホームの完成です。行政(第三者機関)の検査、当社での最終確認を経て、すべての工事が完了します。

8.お引渡し


お客様にお立会いいただき、図面内容と照らし合わせながら最終確認をして頂きます。 設備機器などの取扱説明などもこの時にご案内いたします。

After Service

万全のアフターサービス体制で住んでからも安心。

山京建設では、当社で住まいをお作り頂いたお客様に定期訪問と点検を行っています。6か月・2年・5年(シロアリ延長お知らせ)・10年の全4回にわたり、しっかりチェックして参ります。もちろん定期点検時でなくとも気になることや疑問に思うことがあれば、お気軽にご連絡ください。お客様が暮らす住まいとともに、お客様の一生のパートナーとして、様々なご相談にご対応いたします。

アフター体制について