注文住宅の魅力を最大限に…住まい手の愛情を感じる理想的な「家」のカタチ


H様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)

新たな住まい、希望が全部叶いました。

今回、お邪魔したのは2020年12月にマイホームを建てられたH様邸。

上品さと豪華さをあわせ持つレンガ調の外壁、どこかヨーロッパ住宅を感じさせる佇まいが印象的なお住まいです。

家づくりの苦労話や山京建設をお選びいただいた経緯など、家づくりに関するあれこれを包み隠さずお話いただきました!


・お施主様:H様
・家族構成:ご夫婦(2人家族)


「注文住宅を建てたい」という夢・・・

山京インタビューアイコン

さっそく、家を建てようと思ったきっかけから教えていただけますか?家づくりはどんな想いからスタートしたのでしょうか?

お施主様

もともと、「注文住宅を建てたい」という夢はありました。

ただ、時期に関して言うと、もう少し先でもいいかなぁ・・・という気持ちはあったのですが、よくよく考えたら賃貸で毎月お金を支払っているのってすごくもったいないと感じたんです。

月々の家賃だけじゃなくて、更新費用などもかかりますからね。

山京インタビューアイコン

確かにそうですよね。この先ずっと払っていく家賃を考えて家づくりを検討される方って、すごく多いんですよ。ちなみに以前のお住まいもこちらの新居のお近くだったんですか?

お施主様

以前は隣の市に住んでいたんです。

最初は別の場所で土地探しをしていたのですが、相談した不動産屋さんにこの土地を紹介してもらい、実際に見てみたらすごく良くってここに決めることにしたんです。

探し始めてから1年くらいでしょうか、思ったよりも早く土地が見つかりました。良い土地が見つかったと思います。

 

 

山京インタビューアイコン

以前は賃貸住宅にお住まいだったということですが、なにか住宅に問題などありましたか?

お施主様(奥様)

これまで暮らしていたのは、賃貸マンションだったんです。

主人はずっとマンション暮らししかしたことがなかったんですけど、私は反対に戸建てしか住んだことがなくて、結婚してから初めてのマンション暮らしだったんですよ。

マンションで生活してみて、どうしても音が気になるな・・・というのが正直な感想ですね(笑)。

ふとしたときにお隣のドライヤーの音が聞こえてきたりして、そうなると、どうしてもこちらも気を遣ってしまいますし。

もちろん選ぶマンション次第だとは思いますが、壁一枚でお隣っていうのはちょっと抵抗がありましたね。やっぱり一戸建てがいいなって思いました。

工務店の決め手は「安心感」

山京インタビューアイコン

確かに戸建てより音は気になるかもしれませんね。お隣の音だけでなく上下階の生活音なども気になる場合がありますしね。土地探しが終わったあと、建設会社はどうやって選びましたか?山京建設以外にもご覧になられましたか?

お施主様

他の工務店・ハウスメーカーもいくつかあたってみました。

ただ、資料請求したのにいくら待っても資料が来なかったり、資料が来ても私たちのイメージとは合わなかったりで。

大手メーカーの住宅展示場にも足を運んではみましたが、比較したときに山京建設さんは自由度が高くて、コスト的にもとてもお手頃価格だったので、割と即決に近かったですね。

大手とは坪単価が全然違うのに、水回りにしてもクロス(壁紙等)にしても、とても選択肢が多かったので、理想の家づくりができそうだと感じました。

お話を伺ったときも、耐震面など家の機能性のところも含め、すごくきちんとしていらっしゃると感じて安心感が持てたんです。

山京インタビューアイコン

そう言っていただけるととても嬉しいです。ただ・・・打ち合わせのたびに相模原(山京建設所在地)までいらっしゃるというのはご負担ではなかったですか?

お施主様

仕事で出向くことも何度かあったので、そんなに大変ではなかったですよ。

打ち合わせのとき、VRを使って説明してくださったのはとても良かったです。家の完成図が想像しやすいですから。

図面だけではどうしてもイメージしきれない部分がありますからね。便利だなと思いました。

プランニングの段階では、私たちがやりたい事や希望を伝えたら、すぐに佐野(山京建設 設計士)さんがうまく図面に反映してくれるって感じで、すごくスムーズでした。

もともと収納はできるだけ多く造りたいと希望していたのですが、予想以上にたくさん造ってくださってすごく嬉しかったですね。たっぷり収納できるパントリーも重宝しています。

 

 

私たちがいろいろと無茶なお願いをしたんですが、すべて対応してくれました。ダメとかできないと言われることがなくって、希望が全部叶いましたね。

将来的にピアノを入れたいなと思っていたので、設置スペースもしっかり造ってもらいました。

 

 

家づくりはすごくすごく楽しめました

山京インタビューアイコン

家を建てる際、クロス(壁や天井等に張る内装材)決めに苦戦する方が多いんですがいかがでしたか?種類が多くて迷われなかったでしょうか?

お施主様

クロスに関しては、ほとんど妻にお任せでした。

もちろんあれこれ悩みもしましたけど、サンプル取り寄せたり、インターネットでもたくさん施工例が出ているのでそれを参考にしたり。

Instagram(インスタグラム)やPinterest(ピンタレスト)を参考にして・・・調べるのは好きなので楽しかったですよ。

山京インタビューアイコン

なるほど!SNSを上手に活用されてたんですね。

お施主様

モヤモヤ悩んだこともありましたけど、やっぱり画像で見えるのはわかりやすいですよね。

もともと私がヨーロッパに行くのが好きということもあり、洋風なテイストが良いなと思っていたんです。なので全体的に洋風な印象にまとまるように選びました。

 

 

リビングは壁の一面だけ洋風テイストの壁紙(オプションのOPクロス)を張っているんです。これ勝又(山京建設 工務)さんが、「1階全面をオプションのクロスにするとそれなりにコストが上がってしまうから、ここは一面でもいいんじゃない?」ってアドバイスしてくれて。

確かに住んでみたら、全面オプションのクロスにしていたらしつこかったかもって。

 

 

それと、2階についてはリビング同様に壁の一面だけアクセントクロスを張ろうかと思っていたんですけど、勝又(山京建設 工務)さんが「2階はリビングより壁面積が小さいから全面張るっていうのもありだよ」と提案してくれたんです。これは結果的にすごく良かったですね。

他にもいろいろなところで提案してくれました。

キッチンの白色のレンガ調のクロスも、汚れが付きにくいものがいいって言ったら勝又(山京建設 工務)さんがこれをすすめてくれました。実際に汚れが落としやすくて掃除も簡単でいいですよ。

見た目もとても気に入っています。

 

 

山京インタビューアイコン

勝又の提案、良かったですかね(笑)。

お施主様

提案も良かったですし、人柄もすごく良かったです。

クロスだけでなく、決めることがたくさんある中で適宜いろいろな提案をしてくれたので、「悩み過ぎて決められない!」ということが少なかったです。すごく助かりました。

とにかくたくさん力になっていただけて嬉しかったです。

 

 

山京インタビューアイコン

建築中、現場に足を運ばれましたか?

お施主様

行ける時は1週間に一度くらいの頻度で見に行っていました。忙しいときは2週間に一度くらいになりましたが、なるべく行くようにしていたんですが、上棟日(柱や梁を組み立て、屋根の一番上の部材を取り付けること)を過ぎたころから、期待だけでなく不安な気持ちも少しありましたね。

とはいえトータルで考えて、家づくりはすごくすごく楽しめました!

この新型コロナウイルスの状況を乗り越えてこられたのも、この家を造っていたというのが大きいですね。

山京インタビューアイコン

新居に住まわれてから、もっとこうしたかったという点などありますか?

お施主様

キッチンのゴミ箱を収納している引き出しが、床下収納庫のフタとぶつかってしまうんですが、そこはぶつからないようにしたかったですね。

 

 

実はここ、途中で変更したところなんですが、最初から間取りに組み込んでもらっていたら、ぶつかることはなかったかなって(笑)。

 

 

新しい家はとにかく利便性良好

山京インタビューアイコン

ぜひマイホームの自慢話を聞かせてください。こだわりやおすすめ箇所はどこですか?

お施主様

シューズインクロークがちょうど良い大きさで気に入ってます!まだまだスペースに余裕があって収納力もすごいです。コート類が掛けられるのも良いですね。

 

 

あと1階のトイレが結婚式場みたいに派手なんです(笑)。

インパクトある壁紙を一面だけにしようと思ったのですが、山京さんに「全面にするのもあり!」という話をしてもらって、すごく可愛くなって良かったです。

 

 

トイレの収納もめちゃめちゃ使いやすいですね。トイレットペーパーをすっきりと収納できるのは気に入っています。

山京インタビューアイコン

トイレって、実は置いておきたいもの、備品などが結構あるんですよね。それなので収納をつけたのはすごく良い選択だと思います。

お施主様

あと、キッチンのニッチ(壁面にくぼみを造り収納・飾り棚などとして使うスペース)も造ってもらって良かったですね。ショールームで見かけて「これいいなぁ」と思ったんです。

 

 

よく使うコーヒーやお茶を入れていますが、コンセントもついているのでミキサーなんかを使うときも便利ですね。

便利と言えば、リビングのフロアコンセントはすごく便利ですよ。これも勝又(山京建設 工務)さんが微調整してくれてベストな位置に設置してもらいました。

電動シャッターもかなり便利です。とにかく新しい家は利便性が高いですね!

サニタリースペースに大きめの収納棚を設置してもらったり、室内物干しをつけてもらったり。室内物干しがあるのとないのとでは全然違いますから、これはおすすめ設備です。

 

 

サニタリースペースも、トイレ同様にタオルや洗剤など置いておきたいもの、置いておくと便利なものがあるんですよね。

なのでこれだけしっかりと収納があるのはすごく便利です。

とにかくできる工夫をたくさん詰め込んだので、家事動線もスムーズになりました。

 

山京インタビューアイコン

実際に新しい家に住んでみてどうですか?イメージしていた生活ができていますか?

お施主様(ご主人)

ほぼほぼ、イメージしていた生活・住まいが実現したと思っています。

とはいえ、そもそも私は一戸建てに住むの初めてなので、他と比べようがないのですが・・・寒暖差を感じることなく快適に過ごせています。

リビングは夜暖房を切って寝ても朝まだ暖かさがありますし、結露もありません。床がひんやり感じることもありません。

寝室だけ熱源があるからか、少しだけ結露があったくらいですね。

断熱材のおかげで本当に快適ですよ。

大道(山京建設 大工)さんには、本当に丁寧に家を造ってもらえたと思っています。人柄もすごく良いですし・・・施工してくれる大工さんが1人っていうのも良かったかもしれないですね。

大手の建設会社さんだと、下請け大工さん複数人で作業することも多いという話も聞きました。

なので、全部山京さんが作業してくれるっていうのは良かったですね。安心できました。

山京インタビューアイコン

確かにそういった話を聞くと心配になりますね。

お施主様

家は大きな買い物ですし、一度建てたら20年、30年とずっと住むものですからね。

リビングの大開口の窓の外にウッドデッキを造りました。天気が良い日はハンモックも気持ち良いですよ。

 

 

ウッドデッキの先にある庭は、今、夫婦で一生懸命作業してるんです。7時間かけてレンガを積んだり。

こうやって新しい家に愛情を持って、自分たちで手を掛けていくっていうのも楽しいですよね。

山京インタビューアイコン

そう言っていただけるのが私たちのやりがいです!家に愛情を持っていただけるって、すごく嬉しいことなんです。ありがとうございます!今後も大切なお住まいのことならいつでもご相談くださいね。アフターケアもしっかり対応させていただきます。

 

 

インタビューを終えて

タイル調の外壁の洗練された外観が印象的だったH様のお住まい。

夢だった注文住宅を建てるにあたって、理想のイメージをしっかりと持ち遊び心も忘れずに、注文住宅のメリットを最大限に活かした家づくりに取り組まれていました。

また、家を建てるだけがゴールではなく、より快適な空間づくりをするべく、住まい手が家に愛情を持って手を掛けていらっしゃる姿勢は理想であり尊敬です。

最初に抱かれていた住まいのイメージをしっかりとカタチにしつつ、“長く快適に住まう”という点もしっかりと盛り込んだ家。ぜひ長く愛していただきたいと思います。