人も愛犬も心地良く共生できる空間がそこに。完成度の高さが光る住まい

お施主様インタビュー

N様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)
今回インタビューさせていただいたのは、2019年2月に家を建築されたN様ご夫婦。

2匹のポメラニアンと暮らす愛犬家のN様ご夫妻のご自宅は、各所に愛犬と楽しく快適に暮らす工夫が施されていました。

シックで堂々とした風格の家構えでありながら、落ち着きと絶妙なアクセントが光る家。

毎度ながらNG一切なし!家づくりの楽しかったお話も苦労話も、丸ごと全部伺ってきました。

 

 

目指したのは人も愛犬も快適で愉しい家

住宅街でひと際目立っていたN様邸。

ダークカラーの外壁にもかかわらず、家全体がやけに明るく見えたのが印象的でした。

広々とした駐車スペース、日当たり良好なウッドデッキ、そして表札(個人情報の関係で写真でご紹介できないのが残念)には犬の足跡のデザインが・・・。

家に入る前から、なぜだか期待に心躍っていた今回のインタビュー。ワクワク&期待を裏切らない驚きと感動が詰まったN様のマイホームを、家づくりの体験談とともにご紹介します!


・お施主様:N様
・家族構成:ご夫婦(2人家族)

 

 


モデルハウスで見た「愛犬家住宅」

山京インタビューアイコン

さっそくですが、たくさんの工務店・ハウスメーカーがある中で山京建設に決めた理由を教えてください。

お施主様

最初は大手ハウスメーカーから小さい規模の工務店まで、各社の特徴を比較して検討しました。もちろん展示場にも足を運んで。

ただ、早い段階で大手のハウスメーカーは選択肢から外れました。

広告宣伝費や豪華なモデルハウスの維持など経費をかけているのはわかるのですが、とにかく坪単価がすごく高くて・・・。だったら地域密着の工務店を選びたいと思ったんですよね。

それで、山京建設ともう一社に絞って検討していたんです。

両社に相談してみたのですが、もうひとつの会社は何ていうか、担当してくださった設計士さんのやりたいことが決まっている感じで、少々融通が利かないという印象だったんです。

一方、山京建設は設計の融通が利いて、割と柔軟に対応してくださるのが良いなというのが率直な感想でした。

 

 

それに見せてもらった山京建設のモデルハウスがすごく好印象で、間取りやデザイン、機能面はもちろんのこと、「愛犬家住宅」だったんですよ。

私たちは愛犬と生活しているので、犬目線で建てられた山京さんのモデルハウスはすごく魅力的でした。

あと担当してくださった池田(山京建設 設計士)さんが、とても話しやすい雰囲気だったので、即決でしたね(笑)。

山京インタビューアイコン

愛犬家住宅はすごく人気なんですよ!屋内で愛犬を飼われる方は増えていますしね。

お施主様

「愛犬家住宅」、すごく気に入りました!

我が家も壁にドッグスペースを2つ造ってもらったり、ドッグウエアを掛ける専用バーを入れてもらったり・・・。

 

 

 

ドッグスペースには入ってくれるんですけど、すぐ出てきちゃうんですよね(笑)。

実は、家を建てようと思った理由のひとつが、愛犬にのびのび生活して欲しいという気持ちがあったからなんです。

以前は賃貸のマンションに住んでいたのですが、少し狭かったのと、床が滑りやすくて犬たちが暮らしにくいんじゃないかという心配がありました。

それに今後家族が増えたら、さらに手狭になるな、と。広いところに引っ越しをすれば当然ながら家賃が高くなるでしょうし(インタビュー時、奥様は出産予定日まであと1ヶ月でした)。

毎月の家賃と住宅ローンの金額があまり変わらなかったので、家を建てたほうがメリットが多いと感じたんですよね。

 

 

山京インタビューアイコン

同じ理由でマイホームを考える方は少なくないですよね。賃貸物件は資産になりませんし・・・ところで最初から注文住宅一択だったんですか?中古住宅や建売住宅は検討されなかったのでしょうか?

お施主様(奥様)

主人は新築にこだわっていなかったですし、条件が合えば賃貸でもOKという感じでした。

でも私は実家が持ち家だったということや、やっぱり新築にしたいという希望があって・・・それで話し合って、結果的に主人が折れてくれたんです。

 

 

最初の頃は、建売住宅を探していました。

夫が仕事で忙しかったので、基本的に私一人で見学に行っていましたね。家を見るのはもともと好きなので、苦ではなかったですね。

多いときは1日4~5軒回ったり(笑)。それで良さそうなところがあれば夫に相談して・・・という感じだったんですが、探せば探すほど希望に合う建売住宅はないんだと思い知らされました。

パントリー、和室、書斎・・・などなど、希望がいくつかあったのですが、どの建売住宅も一長一短で、すべてを備えているものはなかったんです。

それで注文住宅にしようと思いました。

山京インタビューアイコン

1日に4~5軒も!奥様のそのパワーは脱帽です!具体的にどんなご希望があったのですか?

お施主様

細々ありましたが、パントリー、書斎、ゲストルームを兼ねた和室、ある程度広さのあるサニタリールームは欲しかったです。

ちょっと欲張りすぎかな?とも思いましたが、せっかく購入する家ですから、希望は全部詰め込みたかったんです。

結果的に、山京さんはすべて入れてくれましたね。

いろいろな提案もしてくださったんですが、とにかく包容力がすごい!最終的に私たちの要望を全部カタチにしてくれました。

提案してくださるときも、メリットだけでなくしっかりデメリットも説明してくれるので、こちらも決めやすかったですね。

山京インタビューアイコン

嬉しいお言葉、ありがとうございます!

お施主様(ご主人)

個人的には、小さくてもいいので書斎が欲しいという夢があったので、それが叶ってすごく嬉しいです。

3畳ほどのスペースですが、床下収納も造ってもらったので意外と収納力があります。好きな本に囲まれているのは幸せですね。

 

 

家については、外観は落ち着いたカフェのような雰囲気、内観は明るくてナチュラルなテイストがいいな・・・という想いがありました。

それも実現できたんじゃないかと思っています。

山京インタビューアイコン

家の外と中の雰囲気のギャップが、また良いアクセントになっていますよね。

 

 

最初から最後まで楽しかった記憶しかありません!

山京インタビューアイコン

ここで、家づくりの苦労話を教えていただけると嬉しいのですが・・・。

お施主様

正直、予算のやりくり・・・というのはありますけど、それを除けばほぼないですね。

家づくりは最初から最後まで楽しかった記憶しかありません。

 

 

少し後悔している点で言うと、外構にもう少しこだわりたかったというのはありますけど、予算の関係もありますし外構は最低限にしてそのぶん家の中にこだわりを詰め込むことができたので、総じて満足です。

それと、打ち合わせに行くのは大変でしたね。山京建設の事務所まで距離があるというのもありますが、仕事が忙しい時期だったので日程調整に苦労しました。

ただ打ち合わせ自体はいつもすごく楽しかったですよ!

打ち合わせは2時間以上かかることがほとんどだったのですが、真面目な話は1時間くらいで、あとはゲラゲラ笑っていましたね。

だから毎回、打ち合わせに行くのが楽しみでした。美味しいうどん屋さんも紹介してもらえましたし(笑)。

山京インタビューアイコン

私たちも、お客様との打ち合わせはいつも楽しみなんです!楽しく家づくりができればベストですもんね。でも壁紙に外壁に床に・・・決めることが多くて大変じゃなかったですか?「決めることが多すぎて、結局何が良いのかわからなくなった!」というお施主様も少なくないんですよ。

お施主様(奥様)

全然迷いませんでした(笑)!

基本的に私が決めたんですが、もともと壁紙や照明を見るのが好きだったので、割とイメージできていたんです。

それなので、どんどん決めていけましたね。

山京インタビューアイコン

それはすごい!

お施主様(ご主人)

ただ外壁は悩みましたね。

悩んだというか・・・私たちが選んだ外壁材って、最終決定ギリギリに販売開始になった商品なんですよ。

なので、それまでは「これだ!」と思える外壁がなくて。どうしようかと思っていたら、希望に近い外壁材が販売されたということで迷わず決めました。

これは本当に運が良かったですね。

 

 

山京インタビューアイコン

確かに外壁、すごくかっこいいと思いました!最終的に気に入っていただける外壁材が見つかって本当に良かったですが、販売開始になるまで納得いく外壁がなかったということで、申し訳なく思っています。この際、何か山京建設のダメ出しがあれば・・・遠慮なくおっしゃってください。

お施主様

ダメ出しですか(笑)。

そうですね、伝えたいことがうまく伝わっていなかったり、お願いしたことを忘れられていたことがあったり・・・。

あと家が完成したあとも、改修のお願いをしてから実際に改修してもらうまでにしばらく時間が空いて困ったことがありました。

山京インタビューアイコン

それは大変申し訳ありませんでした。お客様満足度の向上のため、いただいたご意見を会社に持ち帰って直ちに活かさせていただきます!

お施主様

でも岩本(山京建設 アフター)さんがしっかり配慮してくださって、手厚くサポートしてくれたのでトータルでは満足していますよ。

ダメ出しはありますけど、それ以上に良かったところはたくさんあるので、山京さんに依頼して良かったと思っていますよ。

希望を全部叶えてくれてましたし、デザイン性より収納力を重視して欲しいというお願いもしっかり実現してくれて、床下収納含めてたくさんの収納スペースを造ってくださいました。

 

 

コンセントも多めにしてもらったので、実際に生活してみてもすごく快適です。

将来、電気自動車(EV)を購入することも視野に入れて、外にもコンセントを造ってもらっています。

山京インタビューアイコン

そうなんですね!いろいろこだわられた箇所はあると思いますが、特に自慢の箇所というのはどこですか?

家事動線良好!楽できるサニタリールーム

お施主様

サニタリールーム周りの動線ですね。

 

 

洗濯機を設置しているサニタリールームの隣に、洗濯物を干せるスペース(洗濯室)を造ってもらったのですが、そこに折り畳みの台を設置してもらいました。

「洗濯物を畳むとき、立ったままでもいいよね?」と思って(笑)。

さらにその隣にはウォークインクローゼットがあって、洗濯室からウォークインクローゼットにつながる扉を設けてもらっています。洗濯物を畳んだらそのままウォークインクローゼット(収納)側に置けちゃうんです。

畳んだ洗濯物を持って大移動しなくて済むので、本当に家事が楽ですよ。

家事ってできるだけ楽したいじゃないですか(笑)。

山京インタビューアイコン

これはまさに「あっぱれ」ですね!山京建設のおすすめ仕様にしたいくらい、本気で脱帽です!

お施主様

引っ越してきて実際に生活してみて、改めて便利だなー、造ってもらって良かったなー、って思っています。

このサニタリールームもそうですが、例えばパントリーもできるだけ収納できるようにしてもらったり、脱衣所を広くとってもらったり、すごく家事がやりやすい家ができました。

パントリーは2畳ほどなんですけど、とにかく棚をたくさん造ってもらったので収納力抜群です!アーチ型の入り口も気に入ってるんですよね。

 

 

山京インタビューアイコン

そういえば、玄関入ってすぐの洗面所も凝ってて素敵だなーと思ったんですよね!

お施主様

私たちも気に入ってるんです!

洗面ボウルは海外から取り寄せたんですけど、これは一目惚れでした。

 

 

うちはトイレに手洗いをつけていないんですよ。トイレの近くに洗面所があればいいかなって。

トイレの目の前に洗面所があれば、事足りますもんね。トイレの小さい手洗いって水が跳ねちゃったり、掃除が大変だったりするんで、私たちは“ナシ派”ですね(笑)。

この洗面所は帰宅時の手洗いと、トイレの手洗いを兼ねてこの場所に設けているんです。

山京インタビューアイコン

確かに確かに。目的は手を洗うことですから、近くに洗面所があればトイレ内に手洗いがなくても問題ないですよね。他に、工夫された箇所などありますか?

お施主様

工夫というほどではありませんが、来客があったときに泊まっていただけるような部屋が欲しかったので、ゲストルームを兼ねた和室を造りました。

 

 

それと、バリアフリー住宅というわけではありませんが、老後の生活のことも少し視野に入れて家づくりをしましたね。

例えば玄関も、将来的に段差のないスロープにできるよう、あえて真っすぐにしてもらっています。

山京インタビューアイコン

なるほど!勉強になります!家を建てられて2年ほど生活されているわけですが、率直な感想を教えていただけると嬉しいです。満足度はいかがでしょうか?

お施主様

かなり満足度は高いです!

真夏も真冬も、基本的にエアコン一台で済んでいるので、機能的にも満足です。

すごく住みやすくて快適ですし、家事動線も良くて、最高の家づくりができたと思っています。

もし、「もう一度家を建てよう!」ということになったとしても、今の家に大満足しているので、きっとこの家を造ると思います。どこか変えるとしても、この家をベースに造ると思いますね(笑)。

山京インタビューアイコン

そういっていただけて本当に嬉しいです!毎回の打ち合わせを楽しみにしていたと言っていただけたことも、満足度が高いと言っていただけたことも、すべての言葉が私たちのやりがいにつながりますね。これからもアフター・点検でお邪魔しますし、家のことはいつでもご相談くださいね!

インタビューこぼれ話

愛犬家のN様ご夫婦。

人だけでなく、愛犬にのびのび生活してほしいということも、家づくりのきっかけのひとつだったということで、家中に心配りがありました。

インタビュー当日は、玄関を開けた瞬間、やんちゃなモカちゃんがお出迎え。これはなんとも嬉しい!

少々臆病なうらんちゃんも、最初は警戒していましたが、段々と慣れてくれたのか?尻尾を力強く振ってくれました。

最後には「撫でて!撫でて!」と(笑)。

愛犬家の方にとって、わんちゃんは大切な家族の一員。家族全員がより快適で、より楽しく暮らせる家づくりをしようという姿勢がひしひしと伝わってきて、お邪魔している私たちも笑顔が溢れました。

山京建設の愛犬家住宅をご覧いただき、実際に取り入れてくださったN様ご夫婦。

今のところドッグスペースには長く入っていてくれないようですが、愛犬と共に快適に暮らすというスタイルを間近で見せていただけた貴重な体験でした。

 

 

インタビューを終えて

未来を見据えた家づくりをされたN様ご夫婦。

動線を考慮した設計、綿密な収納計画・・・いたるところに工夫が凝らされ、見習う点がとても多くありました。

もし、もう一度家を建てるとしても、きっとこの家を造ると思います、という言葉は、山京建設にとってこの上ない喜びです。

 

 

またN様邸は、そこに住む人と愛犬が心地良く豊かに共生する、愛犬家住宅でもあります。

人生を豊かにしてくれる愛犬の存在。愛犬が一生のうちほとんどの時間を過ごす家だからこそ、いつも家族の中心に居られるN様の家は、人も犬も快適で愉しい空間でした。

家の主役は、紛れもなくご家族。単純に「住む箱」としての家ではなく、ご家族の夢をカタチにすることにしっかりと向き合い、エネルギーを注ぐ理想的な家づくりが見えました。

ご縁あって私たち山京建設がお手伝いさせていただいたN様ご夫婦の家づくり。これからも住宅のあらゆる面をサポートをさせていただきます。末永くお付き合いいただけますと幸いです!

N様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)