住まいには、品とやすらぎを。快適さに個性をちりばめた理想の「家」

 

T様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)
今回インタビューさせていただいたのは、2021年9月に家を建築されたT様ご家族。

「家を建てよう」と決意されてからの行動力が群を抜いていて、たくさんのこだわりを一つの「家」という箱にきちんと詰め込んだT様の家づくりは、きっと参考にしていただけると思います。

品良く、それでいて良好な動線と機能性の高さは理想の住まいと言えるでしょう。

ぜひ最後まで、読んでいただけると嬉しいです。

 

 

きっかけは分譲住宅の内見。理想の家を求めて・・・

外構には、シンプルな縦型ルーバーと自然の癒しを感じさせる植物、そして日が暮れると柔らかに降り注ぐ優しい照明・・・。

まるでカフェやレストランを連想させる佇まいで、屋内に入らずともセンスの良さを感じさせるT様邸。

玄関を開けてまず目前に広がるアイアン階段と、その先の明るさ取り込む坪庭が、明暗のコントラストを上手に演出しています。

機能性や広さに課題感のあった以前の住宅から、デザイン性と機能性を両立させた新築注文住宅を建てられたT様は、どんな家づくりをされたのでしょうか。


・お施主様:T様
・家族構成:ご夫婦+お子様2人(4人家族)

 

 


夢実現に向けて踏み出した第一歩

山京インタビューアイコン

家を建てようと思われたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

お施主様

たまたま近所で分譲住宅を見つけて、そのまますぐ内見しました。

最初は興味本位だったのですが、中を見て家が欲しくなったんですよ。広いし、周囲の目は気にならないし。

私たち夫婦はお互い実家が戸建てだったので、もともと戸建てがいいなという想いがあったんだと思います。

でもいくつか分譲住宅を見て回ったのですが、ピンと来るところがなかったんですよね。それで注文住宅がいいんじゃないかという話になり、最初に分譲住宅を見てから、2週間後には不動産屋さんに行っていましたね(笑)。

山京インタビューアイコン

2週間とは早い!めちゃくちゃ行動力がありますね!そこからもスピーディーだったのでしょか?

お施主様

土地探しは迷いました。2つの土地で迷っていて、ここと別の土地は南側の間口が広い土地だったんですが、坂を下ったところにあって駅からも少し離れるので、最終的にこの土地に決めたんです。

毎日のことなので、坂があるのは何かと大変かな・・・と。

山京インタビューアイコン

確かにたまにならいいかもしれませんが、毎日だと辛いかもしれませんね。こちらの土地は実際に駅からも近くて、すごく良い立地ですよね。工務店についてはどうやって決められたのでしょうか?

お施主様

山京建設ともう一社に話を聞きに行ったんです。

山京建設のモデルハウスを見たとき、私たち夫婦の理想とすごく似ていたんですよ。全館空調で機能性が高く、広いリビングや解放感ある勾配天井・・・それなので割と即決でしたね。

それに大手ハウスメーカーで私たちがやりたいことを全部やると、とんでもない金額になってしまうんですよ。

予算と家の性能、できる仕様の幅広さを考えたら、山京建設が良いなと思いました。

 

 

山京インタビューアイコン

ありがとうございます!そのあとの間取り決定やプランの決定は、どれくらい時間をかけられましたか?この辺りもスピーディーだったんでしょうか?

バルコニーは「空しか見えない視界」

お施主様

間取りは迷いましたね。

10月から年が明けた1月まで、3ヶ月以上は迷っていたと思います。

夫婦の方向性はまとまっていたんですが、細かい部分・・・動線なんかを含めると最終決定までにかなり時間がかかってしまいました。佐野(山京建設 設計士)さんに何度も設計図を書いてもらって・・・。

インタビューに来てくださるということで確認してみたんですが、佐野さんとの打ち合わせだけで12回もやってましたね(笑)。

ウォークインクローゼットの広さ、ベッドサイズを考慮したときの現実的な寝室の広さを考えたり・・・窓の位置なんかもちょこちょこ変えましたね。

近くに大型店の駐車場があったり、割と高さのあるマンションがあったりするので、どうしても視線が気になるんですよ。それなので、例えばバルコニーの手すりの高さも、実際にダンボールを当ててみてどれくらいの高さなら視線を遮られるか、かなり考えました。

でも、それをやったことで、バルコニーに置いた椅子に座ると「ほぼ空しか見えない視界」になるんですよね。これは我が家の自慢ポイントです!

 

 

山京インタビューアイコン

確かに通常よりバルコニーの手すりが少し高めですよね。数ミリ単位までこだわったからこそ、「空しか見えない視界」が手に入ったわけですね!すごいです!では、ご夫婦それぞれどんなこだわりがあったか教えていただけますか?

お施主様

こだわりはたくさんありますが、この広いバルコニーは絶対外せなかったですね。

椅子とテーブルを置いて、ビールを飲んでくつろぐ。これ、一番やりたかったんです。

先ほども触れましたが、座って見上げると空しか見えないんですよ。植物を置いたり、白玉砂利を敷いて“おこもり感”がある、かなりリッチなスペースで大満足しています!

 

 

山京インタビューアイコン

周辺の高いマンション、まさか・・・と思いましたが、本当に椅子に座ると見えないですね(実際に椅子に座らせてもらいました)!空しか見えない超プライベート空間は贅沢です!

お施主様

他にも、例えばリビングに設置してもらったテレビ台も、最初はフロートタイプのテレビ台(床から浮いているテレビ台)を別で購入しようと思っていたのですが、なかなか気に入るものがなくって。

それで大矢(山京建設 工務)さんに相談したら、話を真摯に聞いてくださって。大変だったと思うんですが、すごく素敵なテレビ台ができました。

いろいろなテレビ台をチェックしていたんですが、もしかするとテレビ台を買うより安く済んだかもしれません。

 

 

ひとつひとつ決めていくのは本当に楽しい作業でした

お施主様(奥様)

間取りに関するこだわりは主人のほうが多かったかもしれませんが、私は照明や壁紙といった細かい部分へのこだわりが強かったですね。

一目惚れしたブランケットライトを取り寄せて、タイルを決めたり、洗面所の鏡を選んだり。キッチンの下がり天井(部分的に低くなっている天井)の色を、その上のロフトの色味と合わせたり・・・。

こういった細々したところをひとつひとつ決めていくのは本当に楽しい作業でした。

 

 

山京インタビューアイコン

家の各所にセンスの良さを感じますもんね。いろいろな色を使っているのに、それでいて全体的にまとまりがあるのはすごいです。家の機能性はどうですか?

お施主様

以前の家に戻れないくらい、快適で動線も良好です!

例えばキッチンで言うと、以前は収納が少なかったので食器をいくつも重ねて収納していました。そうなると取り出すときが大変で・・・。

キッチンの通路も狭かったので、夫婦2人で作業するときなどはものすごく不便でしたね。

 

 

キッチンの水回りやコンロは絶対にこだわったほうがいいです!だって毎日何度も使うところですからね。

以前の家は脱衣所もすごく狭くって、大人1人と子ども2人でお風呂に入ることが多いんですが、もうスペースいっぱいいっぱい。こういったちょっとしたことが解消されると、ストレスがなくなって驚くほど快適になりますね。

「見せる所」と「見せない所」

お施主様

家の間取りを考えるときに心掛けたのは、「見せる所」と「見せない所」をしっかり区別することでした。

洗面所と脱衣所+ランドリールームをあえて分けることによって、来客があっても気にならない。

乾太くん(ガス衣類乾燥機)を入れてもらったうえ、ランドリールームに室内干物干しも設置しているので、洗濯物が人目に触れることもほぼないですね。

花粉が気になる季節ですが、外干しを一切しなくても洗濯物が溜まってしまうことがありません。

 

 

山京インタビューアイコン

急な来客があっても、バタバタしなくて済みますね。「見せる所」と「見せない所」をきちっと分けるのはすごく良いアイデア!皆さんにお勧めしたいですね。

お施主様

住宅設備はかなり迷ったんですよね。

ショールームに何度も足を運んで・・・山京さんの打ち合わせの合間に、TOTO(トートー)やPanasonic(パナソニック)と・・・とにかく回れるだけ回りました。

スケジュール管理が煩雑になってきてしまったので、最終的に家づくりに関する専用のカレンダーまで作りました(笑)。

私たちはお互いに凝り性なところがあって、それなので「なんでもいいです」という部分はなかったですね。

でも、すごく楽しかったですよ。最初から最後までずっと。

大矢(山京建設 工務)さんも、私たちの求める雰囲気をよくわかってくれて、細かい要望もすごくよく聞いてくれました。

 

 

山京インタビューアイコン

そう言っていただけて嬉しいです!家の機能性はいかがでしょうか?寒かったり、結露が気になったりしていませんか?

裸足で過ごせるのは単純にすごい

お施主様

この家に越してきて一冬越しましたが、全然寒さを感じません。

以前の家はものすごく寒くて。真冬でもエアコン1台で基本的にはOKですし、エアコンを消して寝て朝起きても暖かいんですよ。

日中は暖房を切っていても、子どもたちは肌着で遊んでますし、裸足で過ごせるのは単純にすごいなと思います。

結露も心配はしていましたが、全く問題ないですね。かといって乾燥しすぎることもなくて本当に快適です。

あの極寒の家が当たり前だったなんて・・・もう以前の家には戻れませんね(笑)。

 

 

リビングの大開口窓は、外気の影響をもろに受けてしまうんじゃないかと心配でしたが大丈夫ですね。

お風呂を出ても寒くないし、ジメジメもしていない。

水回りがこんなに快適になるなんて、正直驚きました。

これだけの機能で目いっぱい要望を聞いてもらって、それでこの値段は素晴らしいと思います。

山京インタビューアイコン

そう言っていただけるのが一番の褒め言葉です!屋内の空気が循環しているので、湿度60%未満であれば結露もジメジメした感じも気にならないと思いますよ。ちなみに対応させていただいた山京建設のスタッフはいかがでしたか?ご不満などありませんか?

お施主様

ないですないです(笑)!

山京さんのスタッフの方は、こちらの要望をただ聞いてくれるだけでなく、他にも提案してくれるんですよね。

包み隠さずデメリットもちゃんと言ってくれるので、家づくりをしていく上ですごく気持ちよかったです。気分が良いですよね。

 

 

山京インタビューアイコン

「もっとこうすれば良かった」という点はありますか?

お施主様

そうですね・・・。スイッチの高さやコンセントの位置など、1~2ヶ所気になっているところはありますが、そういったことも大したことではないです。

パントリーやウォークインクローゼット、ロフト上の収納スペース、シューズインクローゼットなど収納をたくさん設置してもらったので、キッチンの吊り棚が不要だったかな・・・と思ったり。

でも本当にそれくらいで、総じて大満足です!

山京インタビューアイコン

それは良かったです!お子さんたちも新しい住まいで喜んでいるんじゃないですか?

お施主様

めちゃくちゃ喜んでますよ!

今日(インタビュー時)はテンションを抑えているくらいで、もう家中遊びまわっていますよ。

今はロフトが子どものプレイスペースになっているんですが、上で揉めているのもキッチンに居てわかりますしね。目を離していても子どもたちの様子がわかるっていうのは思った以上に助かるんです。

 

 

新型コロナウイルスの自粛生活も、家の中に遊ぶ所がたくさんあって助かりました。ベランダで遠足ごっこをしたり、リビングで走り回ったり。

自粛期間中、以前の家だったらかなり悲惨だったでしょうね(笑)。

 

 

山京インタビューアイコン

確かに広くて、おうちの中だけでも十分に遊べる空間になっていますよね。1階のテラス部分もかなり広いスペースですから、これからの暖かい季節はバーベキューやプールも良さそうですね!

お施主様

本当、まだまだこの新居でやりたいことがたくさんあるので、楽しく暮らしていきたいですね。

山京建設に依頼して心から良かったと思っています。

太田(営業担当)さんはじめ、佐野(設計士)さん、大矢(工務)さんなど、皆さん大好きです!

本当にありがとうございました!

山京インタビューアイコン

私たちもご縁あってT様と二人三脚で家づくりができたこと、心から感謝しています!本日は貴重なお時間、ありがとうございました!

インタビューを終えて

ご夫婦が共にひとつのイメージを温めながら、大切に大切に創り上げてきたT様邸。

明るい陽射しを取り込みながらも、周囲の視線をシャットアウトした超プライベート空間は、本当に贅沢なものだと感じました。

 

 

「見せる所」と「見せない所」を明確に区別したり、家の機能性を高める工夫を方々に取り入れたり、ひとつも妥協のない家づくりをされています。

室内を快適にするデザイン的な工夫と、視覚的な心地良さ。アクセントウォールなど面積が大きなところにアースカラーを。各所にヘリボーンを組み込んで・・・。

家全体のまとまり、統一感に焦点を当てたハイセンスな住まいに脱帽でした。

この度は数多い工務店・ハウスメーカーの中から山京建設を選んでいただきありがとうございました!いただいたご縁を大切に。これからも住まいのサポートをさせていただきますので、どうか末永くお付き合いください。

T様邸の画像をすべて見る(別ウインドウでピンタレストが開きます)